• umi404

機関誌「大鷹」第6号

更新日:2月28日

2022年2月21日、22日「ソマ神体験プログラム」が明海教務役のもと門間画伯、大澤氏2名が参加し行う。

プログラムは以下の通りである。

・1日目(13時開始)ーー沐浴、滝行、沐浴、お加持(もみほぐし)、阿字観、夕食、

・2日目(3時半起床)ーー護摩行、沐浴、朝食、写経、気功、お茶会(11時解散)





・マイナス1℃、小雪が舞う中、滝行を行う。「オン ソマチッド ソワカ」21反唱える。


・滝行後、冷え切った身体にご神湯が染み渡る。


・本堂でお加持(もみほぐし)各人20分、御本尊薬師如来、龍神様のパワーを受け入れ、筋肉をほぐし気を天地に通す。



・密教瞑想のやり方を三段階で学ぶ。

一段階目「阿息観」

密教瞑想を行う姿勢、呼吸法、「あ〜」の声の出し方、無音の音

二段階目「月輪観」

御本尊(左図)の白い部分=満月(球体)を自身の胸中に取り込む→明瞭にイメージ出来たら50cm,1m,5m,建物、町、日本、地球、宇宙にまで拡大→宇宙まで拡大したらどんどん小さくして胸中まで縮める→胸中の月輪を掛け軸のご本尊にお戻しする。

三段階目「阿字観」

左図御本尊(阿字+蓮華+月輪)で一段、二段を同時に行う。「我即法界」




・早朝4時、マイナス4℃、お堂軒にツララができる冷え込みの中、「一法界ソリヤ法」+「大鷹倶利伽羅不動明王息災護摩」を行う。昨日の「阿字観」により行法の捉え方が進化する。

「如来(ソマチッド微細金剛神)=炎=行者=参加者」同一体である。






・御写経

1字1字を仏様と観じ書き進める。書くことにより祈願(自身の思い)を浄化させ引き寄せる。



















・村長の「気功」で現世、過去世を一気に浄化!!総仕上げ!!


参加者感想(門間)

アクティビティを一つ一つ楽しむのもありだし、勢いで一気に全部やっちゃうのも意外にいい!それぞれ全く違うアクティビティを1時間から2時間くらいで気軽に楽しめるのがいい!滝行、もみほぐし、阿字観、護摩行、写経、気功。1泊2日24時間でこれらを一気にやるのも可能。今回、この一気コースで体験しました。

滝行は、まさか自分がやるとは夢にも思ってなかったのですが、やってみると1月2月でも出来ちゃうから不思議。意外にも想像していたより寒くない!身も心もスッキリ!終わった後の温泉沐浴は達成感と気持ちよさ半端ないです。その後のもみほぐしでさらにリラックスできたので、滝行ともみほぐしはセットがオススメだと思います(笑顔)

今回はもみほぐしで身体がリラックスしたあとに、心を整えられる阿字観をやりました。呼吸とイメージと声を使って心が整っていくから、身体と心のつながりが自然と腑に落ちます。その後にいただく夕食はもう、最高です。

朝早い護摩行だけど、薄暗いお堂の中で揺らめく炎の美しさ。龍が立ち上がるような不思議な炎の形が魅力的です。行の後の温泉沐浴、朝から充実感いっぱい(輝き)

朝食を美味しくいただいた後、写経。無心に筆を走らせているとなんだか心が落ち着きます。護摩行と写経はお願いごとをかけるので、両方でダブルパワー!ちょっと忙しいけど、両方やったことない時は、一気にやるといいかも(笑)

そして、最後に気功。頭で考えずに感じるのに全集中していると、あら不思議。触られていないのに押されたり引かれたりする感覚がある!

ぜんぶ通すとまさに休みなしの行ですが、達成感はその分半端ないです。 


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示