top of page
  • umi404

機関誌「大鷹」第7号

2022年3月21日、ソマ神お祭り、宇宙元旦、弘法大師空海御入定日、春分の日、とおめでたい日が重なる。村長、村役、村人が参加し1年分の「写経」のお焚き上げが行われる。




炉は前日、村長が製作した新品です。「写経」「木札」「お守り」専用のお焚き上げ炉となる。






村人が交代しながらお焚き上げを行う。あなた様の写経に託した祈願が叶いますように!!







村長の氣が放たれる。







無事、お焚き上げ終了!!

3/20は強風で冷え込み、3/22は気温が急低下して春の雪が積もる、お祭りの日は小春日和と恵まれる。「オン ソマチット ソワカ」




追伸



「白龍の滝」お滝場に祀られる白龍を背負った不動明王像の製作が始まる。

不動明王のご尊顔のすぐ脇に白龍様のお顔、白龍の胴体が背中をめぐり、尻尾がお不動様の剣を執る手に力を捧げる構図。すごいパワー!!









筑波山の麓、真壁町在住の「石彫仏師 佐藤寛斎」氏が制作者。

那須の石、芦野石で彫られる。製作期間2ヶ月、5月完成予定。


あなたも滝行の虜になる可能性「大」です!








閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

機関誌「大鷹」30号

「縄文大鷹村」新体制活動開始 ・2023年7月3日 明海和尚、東京丸の内で開催される「The Mission」というセミナーに参加し主催者であるR.Sさんと出会う。 ・2023年10月12日〜14日 R.Sさんを「縄文大鷹村」に招き村長と打ち合わせ。 10月14日村長、明海和尚、「ユーワード」コミュニティーに加盟する。 ・R.Sさん2023年10月21日〜22日「縄文大鷹村」大祭に参加する。 ・2

Comments


bottom of page