top of page
  • umi404

機関誌「大鷹」19号

2023年度1月度 大晦日〜元旦にかけ年越し護摩祈祷が行われる。



あなたの護摩札が願いを叶えるため炎、大鷹倶利伽羅不動明王、ソマ神と一体となり燃え上がります。



五色線のところに端正なお顔が観えます。



日々、あなたのために祈ります。






元旦、初日の出!!



昨年は、11月21日に新しく建立された「ソマ神祭壇」で1周年の大祭を行うことが、出来ました。


本年は「ソマ神舎利殿」を建立します。

村人(現在70名弱)のご協力をよろしくお願いいたします。


ソマ神は「死の訪れが来世のスタート」とします。

明るく、楽しく、村人の声援を受けながら旅立ちます。


お釈迦さまのお骨は「仏舎利」として、ダイヤモンドを遥かに凌駕する重要な宝物として大切にされています。


ソマ神舎利殿では「故人のお骨を微細」にし、「ソマチット微細金剛神」の微細体を混ぜ合わせ一体化することにより「仏舎利」レベルまで個人のお骨の徳(霊力)を高め新たにスタートする魂をバックアップします。ご期待くださいませ。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

機関誌「大鷹」30号

「縄文大鷹村」新体制活動開始 ・2023年7月3日 明海和尚、東京丸の内で開催される「The Mission」というセミナーに参加し主催者であるR.Sさんと出会う。 ・2023年10月12日〜14日 R.Sさんを「縄文大鷹村」に招き村長と打ち合わせ。 10月14日村長、明海和尚、「ユーワード」コミュニティーに加盟する。 ・R.Sさん2023年10月21日〜22日「縄文大鷹村」大祭に参加する。 ・2

コメント


bottom of page