top of page
  • umi404

機関誌「大鷹」28号

2023年11月「舎利殿」内装に取り掛かる


11月3日紅葉の中、天井、背面に内張をつけるための組み枠を打ち付ける。


11月10日天井、背面に内張を貼る。



11月16、17、18日 建具屋さんに内装を依頼(天井銀色、背面金色)





10月21日の「舎利殿山散骨」の村人に対する募集は行ったが、結果はゼロ。

「縄文大鷹村」というコミュニティーのあり方、「古代ソマチットのありがたさ」の再認識、今までにない「舎利殿山散骨」という価値観、多様性をどのように世の中に認識してもらうかが大きな課題である。






閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

機関誌「大鷹」30号

「縄文大鷹村」新体制活動開始 ・2023年7月3日 明海和尚、東京丸の内で開催される「The Mission」というセミナーに参加し主催者であるR.Sさんと出会う。 ・2023年10月12日〜14日 R.Sさんを「縄文大鷹村」に招き村長と打ち合わせ。 10月14日村長、明海和尚、「ユーワード」コミュニティーに加盟する。 ・R.Sさん2023年10月21日〜22日「縄文大鷹村」大祭に参加する。 ・2

Comments


bottom of page